「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月19日 風は冷たいものの 晴天に恵まれ 
講演会当日を迎えることができました
本日会場まで足を運んで下さった沢山の皆さま
本当にありがとうございました
同じ時間を共有出来ましたこと 
スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです
大葉ナナコさんのパワフルで愛情に満ちた講演を聞いて
帰宅後 我が子との向き合い方に微妙な変化を感じたのは
私だけではないのでは~

 
未来輝く子ども達のために
私たち大人ができること
シンプルだけど大切なこと
これからもびば~すは多くの皆さんと共有していきたいと思います!

スタッフ全員がこの日の為に着々と準備を進め
何とか実り多き講演会にしたいとの想いで頑張ってまいりました
行き届かないこともあったかと思いますが
多くの方に支えられ無事講演会を終えることができたことに
心から感謝申し上げます

そしていつの日かまたお目にかかるのを楽しみにしております
それまでちょっと冬ごもり・・・
Kiyoe
[PR]
(講演会当日までこの投稿がトップになります。
 最新の投稿はこの下から。ぜひチェックしてください!)

d0307937_1262353.jpg

みなさん、子どもの性教育は赤ちゃんのときからできるんだ!
って知っていますか?
5歳までの80%以上の子が「赤ちゃんはどうやってうまれるの?」
と聞いてくるそうです。
幼い我が子の素朴なギモン、思春期の複雑なキモチに
親としてうまく応えられたら…。
家族そろって食事するのと同じように、日常のなかで伝える性のこと。
いのちの大切さ、性について伝えることは子どもたちの自尊心を育み、
自身を守ることにつながります。
親である私たちが正しく愛を込めて伝えていきませんか!


セイキョウイク? 家庭で?? 
なんだか違和感を感じた方、
私も初めはそうでした。

でも、

私たちが子どものころの何十倍、何百倍の情報があふれ、
それを簡単に入手できる今日、
子どもたちは間違った情報に惑わされることなく、
自分を信じ、自分を大切にし、自分を守っていかなければいけません。
そんな、生きていくのに大切な力を育むには、
「いのちと性の大切さ」を伝えることを学校だけに頼るのではなく、
親である自分自身が直接子どもに伝えることが何よりも大切なんだ
と気が付きました。

そこで、私たちは大葉ナナコさんの著書
『いのちはどこからきたの?』に出会い、大変共感し、
多くの人たちにこんな素敵な話を伝えることができたら、、、
ということで今回の企画がスタートしました。

d0307937_170335.jpg大葉ナナコさんはご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。
5人のお子さんを育てつつ、バースセンス研究所を立ち上げ、バースコーディネーターとして活躍されています。
うまれる』にもご出演されています。

そんな大葉ナナコさんのお話を聞きたい!!という気持ちがフツフツと湧き上がってきた方。
大葉ナナコさんの講演会の詳細は以下の通りです♪


大葉ナナコさんに聞く
『いのちはどこからきたの?
 ~家庭で伝える生命と性のはなし~』

11月19日(火) 10時開演
(13時終了予定。途中30分休憩あり)

場所:エコールみよた あつもりホール

前売りチケット500円 当日700円

*今回は長野県人権尊重社会づくり県民支援事業の助成を受けて
いるため、こんなにリーズナブルな料金でご入場いただけます!

チケットは10月1日リリース予定です。
チケット購入場所については後日ブログでお知らせします。

1歳半のお子さまから託児をご利用いただけますが、
20名のお子さましかお受けすることができません。。
チケット購入いただいた方から先着ですよ~
こちらも詳細はチラシかブログでチェックしてくださいね。

でも、今回もお子様と一緒にご入場いただけますので、是非ご一緒に。
いかに心地よい空間でお子様と講演を聞いていただけるか、
ただ今、びば~すスタッフが施行錯誤しております。


今後も詳細決まり次第、随時ブログでお知らせしていきますので
びば~すブログ、お時間あるときにチェックしてみてくださいね。


11月19日、たくさんの方と会場でお会いできますように。。。

シホ
[PR]
いよいよでございます。
ずっと楽しみにしていた講演会が明日に迫りました。




講演会前日に今更...かもしれませんが、前売り券販売の最終情報です。

前売り券は、
エコール御代田
平安堂書店(軽井沢店、佐久インターウェブ店)
で本日、夕方まで取り扱っております。

まだチケットをご購入していない方、お急ぎください!



今回の講演の準備もゆうれいだった私です。
びば~すのミーティングにもほとんど参加することが出来ず...

みんなの助けのお陰で仕事をしながらでもこんな素敵なイベントのスタッフとして活動が出来ること改めて感謝です。


ではでは、明日の講演会でお会いできるのを楽しみに、
お待ちしております!


くみこでした。
[PR]
by vibirth | 2013-11-18 06:28
木々の葉っぱたちも色づき、お散歩するのも楽しい季節となりました。

庭の落ち葉を掃かなければ...。全部落ちたらやろう...。
茂木です。


講演会当日まであと2週間となりました。
笑顔で当日を迎えられるよう、びば~すメンバー頑張ってます!

先日母子3人で二泊三日のキャンプに参加してきました。
『ママをちょっとひとやすみ、私に戻る森の時間』と言う文句に惹かれて参加したママチルキャンプと言う名のキャンプです。
子供が生まれて休む時間のなかった育児を少し休ませてもらって、森の中でゆったりとした時間を過ごしてきました。
子供たちをみんなで見守り、育む...子育てって一人ではなく、たくさんの手を借りてするもんなんだなぁと改めて気付かされました。
自然という大きな母に抱かれて、何だか子供に戻ったような貴重な体験をすることができました。
自然といのち、共通するものがありますね。
大切な子供たちにいのちの大切さ、性について伝えることは、我々大人の大事な役目のような気がします。
私も大葉さんのお話を聞くのとても楽しみにしてます♪


☆講演会はお子様と一緒に聞くことができます。
☆ホール後方には小さなお子様とが座れるようにフラットスペースに座布団も用意してありますのでご利用くださいね。

●託児について●

・1才半~未就学児。定員20名ですが残りは3名(11月4日現在)です。託児ご希望の方はお早めにどうぞ。
・1名につき300円(当日払い)
・申し込みはメールにて承っております。vibirthkaruizawa☆gmail.com(☆を@に変えて)
保護者の方のお名前、お子様のお名前と月齢(○歳○か月)、当日連絡のつく電話番号をご連絡ください。
・講演中のみ託児を実施します。
[PR]
by vibirth | 2013-11-05 06:10
軽井沢は秋まっさかり。
紅葉がとっても奇麗です。
この週末は息子たちと自転車で街中に出かけてみようかな〜と
思っています。


息子たちといえば、しばらく前にこんなことがありました。
ちょうど子供のお友達のお母さんが赤ちゃんを出産された頃の
こと。

次男(3歳)「ママ、赤ちゃんはどうやってお腹からでてくるの?」
私     「赤ちゃんが通る道があるんだよ。赤ちゃんは自分で
       その道を通ってくるの。自分でグルグル回りながら。」
次男    「え?グルグル?すご〜い!」
長男(7歳)「それはどこにあるの?赤ちゃん、どこから出てくるの?
       お口から?」
私     (どう伝えたらいいのかわからずドギマギしてしまい・・・)
      「お口ではないんだけどね。う〜ん。。。今度上手にお話で
       きるよう調べておくね。」

さりげなく日常会話の中に性教育につながるきっかけがあったのに、活か
せず残念な想いをしました。

みなさんはこんなご経験、ありませんか?


当日は1時間の質疑応答の時間を設けています。
大葉さんのお話の中で気になった事、普段から気になっているけど誰にもき
けなかった事、などなど。
このチャンスにぜひ大葉さんにお尋ねください!

あらためて当日のスケジュールはこんな感じです。

10:00〜11:30  ご講演
11:30〜12:00  休憩時間 ※この時間にご質問をアンケート用紙(当日配布)にご記入いただきます。

12:00〜13:00  質疑応答 ※頂いたご質問をびば〜すスタッフが大葉さんにお尋ねします。


★休憩時間と質疑応答終了後に会場内左前方にて書籍販売を行います。
当日書籍をご購入くださった方には大葉さんがサインをくださいます!
(販売書籍数、販売・サイン時間には限りがありますのでご了承ください。)
     

大葉さんはご著書の中で
「誕生の話をすることで、私たちは子どもに〝自分ってスゴイ!〟という自尊感情をプレゼントでき、そして子どもは、そうやってうまれてきた自分の命を大事に生きていこうと思ってくれるようになる」とおっしゃっています。

子どもたちにしっかりと自尊感情をプレゼントできるよう、みなさんと一緒に命について考える素敵な時間を過ごせたらいいな、と思います。
[PR]
★ 緊 急 告 知 ★


びば〜すスタッフがFM軽井沢さんのラジオ番組に出演させていただけることになりました!

放送は あさって 11月3日(日)午前11時頃 です。

どうぞ皆さん、ラジオを聞いてください♫
そして周りのご友人の皆さんにもお声がけくださいね〜。

もり
[PR]