子どもの安全を考えたら、防災のこと考えなくちゃって思います。

あやです。


5児の母をやってます。


普段から当然ですが、
災害時、子供たちの心身の安全って
母親にゆだねられていますよね。


災害発生時、それがもし平日日中なら
夫は恐らく家にいないし、下手したら暫く帰宅できないかも。


そうなると母親である自分が
子どもの安全を確保すべく
出来るだけベストに近い判断を
瞬間瞬間していかなくてはいけない。。。


先だっての2月の大雪の時は
うちはたまたま夫が在宅でしたが
ダンナサマが東京の勤務先からお戻りになれない、
というご家庭が
軽井沢町内にも沢山ありました。


そうすると雪かきから食事から
外部との連絡から
食料調達、おむつや日用品の調達まで
ぜーんぶ母親の仕事になってきます。


考えただけでちょっと泣きそうですね・・・。


そう考えを巡らせていくと
やっぱ食料品はいつも大目に買っておこうかな、と。
ガスボンベ切れてないかな。
懐中電灯の電池、余分に買っておこう。
あ、手回しラジオってあったかな。
携帯の充電器、私のスマホのアダプタあったかな。
おむつも大目に買っておいたほうがいいんだよな。


なんて、色々思いつきます。


普段はすっかり忘れて過ごしてるんですけどね。


いざってときに
自分が困るだけならまあいいんだけど
子どもが辛いことにならないように
それだけは考えておかないと、って思います。


防災イベント、少しでも
そんな普段の備えのきっかけに、刺激に
なればいいな。
自分にとっても、
おいでくださった方にとっても。



あや
[PR]